探偵コラム6

探偵コラム6

探偵コラム6

パートナーの不倫行為に関して訝しく思った時に、カッとなって感情に任せて相手の言い分も聞かずに厳しく追及してしまうことがありますが、そういう行動はもっともしてはいけないことです。ほんの一回の肉体交渉も当然ながら不貞行為とみなされますが、離婚事由として認められるためには、度々確実な不貞行為を継続している事実が裏付けられなければなりません。浮気自体は携帯をこっそり見るなどしてばれることが大半なのですが、人の携帯を盗み見たと逆に怒らせてしまう場合もあるため、気がかりでも自重しながら確かめなければなりません。専門業者は浮気をどのように調査するのかというと、まずは尾行と張り込みの調査を実施しカメラだけでなく依頼によってはビデオを用いた撮影・記録によって、浮気等の不貞行為の説得力のある証を手に入れて最終的に報告書を作成するのがごく一般的なスタイルです。浮気についての騒動は昔からあるものですが、携帯・スマートフォンやmixiやfacebookのようなSNSの発展につれて膨大なコンタクト方法や出会いに最適な場が設定されて浮気などの不貞の状態に発展しやすくなっているのです。

探偵コラム6関連ページ

探偵コラム12
説明文12
探偵コラム11
説明文11
探偵コラム10
説明文10
探偵コラム9
説明文9
探偵コラム8
説明文8
探偵コラム7
説明文7
探偵コラム5
説明文5
探偵コラム4
説明文4
探偵コラム3
説明文3
探偵コラム2
説明文2
探偵コラム1
説明文1